エ・トーフ とは布のことです。 布にこだわったキルト作りをしています。
by quilt_etoffe
キルト エ・トーフ
<パッチワーク教室
    &キルトショップ>


〒639-0262
奈良県香芝市白鳳台
2-28-17

ホームページ はこちらから
http://www.qetoffe.com 
カテゴリ
全体
教室
教室の予約状況
手作り作品
手作りの洋服
SHOP
イベントのお知らせ
講習会
作品展
作品掲載誌
日々
登山
お料理の会
チワワのみっちゃん
アンティーク
プロフィール
アクセス
以前の記事
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
more...
ライフログ
作品掲載誌
画像一覧

パイル織物資料館の見学~その1~



奈良県香芝市にある

パッチワーク教室のブログです。



最近、気になっている織物素材のひとつ

パイルについて勉強しようと

和歌山県にある資料館に行ってきました。


パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_17064775.jpg



高野山の麓に位置するこの町は

古くから織物の産地で


明治には再織(さいおり)という

特殊な織物を日本で初めて作り

独自の発展をしてきたそうです。


パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_17075334.jpg
パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_20043790.jpg



再織は

フェイラーのハンカチで知られる

シェニール織と呼ばれる

両面パイルの織物がもとになっていて



パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_20080409.jpg



資料館では再織(さいおり)の

古くからの織機がたくさん展示されていて


パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_17090360.jpg



織物教室も開催されていました。


パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_17082795.jpg




その後も

二重パイル織機が導入されるなど

時代とともに

新しい織物の研究が繰り返され


国会議事堂の椅子、新幹線の座席

身近なところでは阪急電車の座席などにも

高野口パイルが

幅広く用いられてきたようです。



現在残っている数十社は

それぞれ独自の高い技術力を持っていて

それぞれが独自の得意分野を展開しているとか。


パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_19450785.jpg



なかでも、私が興味を持っているのが

二重パイルで作られたエコファーと呼ばれる

毛足の長いパイルなので


資料館の帰りにそれを得意とする

こちらのパイル会社さんに寄せて頂きました

(^^)



案内されたお洒落なショールームでは

エコファーがたくさん素敵に展示されていて

かなりテンション上がり気味♪



準備していた作品作りの構想とかも

楽しさのあまり吹き飛んでしまい


なんだかよくわからなくなりながら

せっかく来たのだからと

なんとか10種類ほどの生地を選びました。



パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_19444177.jpg
パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_17103683.jpg
パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_17102039.jpg
パイル織物資料館の見学~その1~_b0194861_17113346.jpg



選んだ生地はまた後日にという事で

大変待ち遠しいです♪









by quilt_etoffe | 2020-12-03 19:54 | 手作り作品 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://qetoffe.exblog.jp/tb/30326482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パイル織物資料館の見学~その2~ チューリップの球根600球植え... >>